今さら人に聞けない「七五三」を祝う理由

七五三

11月15日は七五三。

「3歳の男女児」「5歳の男児」「7歳の女児」の健康を祈願するのが七五三。でも「本当の起源や由来、儀式の意味」などはなかなか難しそうでわからないモノです。そこで今回、無い頭を絞って七五三の儀式を調べてみました。

11月15日の起源

なんで11月15日なの?

まずは11月15日の起源から。

今のカレンダー = グレゴリオ暦

現在のカレンダー=グレゴリオ暦

現在はグレゴリオ暦と言われる暦が使われています。私達は普段から「カレンダー、カレンダー」と読んでいますが、あれが「暦」です。現在、世界各国で使われていて、日本でも採用しているのがグレゴリオ暦です。つまり「今のカレンダー=グレゴリオ暦」ということになります。

今はグレゴリオ暦が使われていますが、かつては様々な暦が使われていました。その暦を何度も改めて、現在のグレゴリオ歴になっています。過去の暦を総称して「旧暦」と読んでいます。

旧暦11月15日が七五三

旧暦の11月15日が七五三

この旧暦で11月15日が七五三の日になります。その慣習が現代まで続き「七五三」となっています。

私達が普段使っているカレンダーには「先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口」などと書かれています。「結婚式は大安の日にすると良いと」などと言われるあれです。これは六曜(ろくよう)や六輝(ろっき)と言われる「その日の運勢など」を表しています。

「大安」のような「吉日」が11月15日だった

七五三の日は吉日

昔、この六曜のような「運勢を表せるモノ」として「二十七宿(にじゅうななしゅく)」というモノが使われていました。この二十七宿は1日から始まり、六曜のように日々の運勢を表し、月末になるとリセットされ、また次の月から始まります。つまり、二十七宿の場合、「1日は何」「2日は何」「3日は何」という風に、『何日が何なのか』がきっかりと決まっていました。

この二十七宿での旧暦11月15日は鬼宿日(きしゅくにち)という「鬼が出歩かない日」と言われる吉日になります。

11月15日の由来。2つの説

江戸時代の武士が子供の健康祈願をする

この旧暦11月15日に七五三の発祥となるモノが行われたと言われています。

それには諸説あるのですが、主要なモノを2つ紹介します。

1つは江戸幕府3代将軍、徳川家光が四男「徳光(後の徳川綱吉)」の数え年5歳のお祝いを慶安3年11月15日の鬼宿日に行ったと言われるモノです。

もう1つは江戸幕府5代将軍、徳川綱吉が長男「徳松」の数え年3歳のお祝いを天和1年11月15日の鬼宿日に行ったという説があります。

壊滅的な被害を受けています

コメントを残す

このページの先頭へ