今さら人に聞けない「七五三」を祝う理由

お祝いの儀式の起源

七五三

次は七五三の「お祝いの儀式」の起源。

次が七五三のお祝いの儀式です。これらの儀式は一節では室町時代に始まったようです。

  • 3歳の男女児の「髪置(かみおき)のお祝い」
  • 5歳男児の「袴着(はかまぎ)のお祝い」
  • 7歳女児の「帯解(おびとき)のお祝い」

現在よりも医学が発達していなかった当時は、7歳までの子供の死亡率は高かったそうです。そこで人々は様々な儀式を行うことで、子供の成長を祈願していたようです。

3歳の男女児の「髪置(かみおき)のお祝い」

3歳までは髪の毛を男女児ともに剃っていたそうです。その理由は、病気を防ぐためや、「髪の毛を剃っておくと丈夫な黒い毛が生えてくる」と考えられていたため、などと言われています。その剃っていた髪の毛を3歳の頃に初めて伸ばし始めるのが「髪置」の儀式です。

5歳男児の「袴着(はかまぎ)のお祝い」

袴着の儀式はその名の通り、子供が初めて袴(はかま)をつける儀式です。

7歳女児の「帯解(おびとき)のお祝い」

帯解の儀式はそれまで着物を留めるために「紐(ひも)」を使っていたのを「帯」に変える儀式です。この帯解は紐落とし(ひもおとし)とも言われます。

これらの儀式は平安の頃から行われていたようです。

それを江戸中期に呉服屋が3つの儀式を商業政策として1つにまとめ、現在の「七五三」のような形になったと言われています。

参考ページ

あなたは「七五三」の由来、知っていましたか?


twitter
壊滅的な被害を受けています

コメントを残す

このページの先頭へ