驚愕!海外のイルミネーションハウスはレベルが違う!

世界のイルミネーション
(出典:SeasonChristmas.com | Merry Christmas! | Led christmas lights

もうすぐ12月。そしてクリスマス。キレイなイルミネーションが栄える(はえる)季節です。

そこで今回は「凄すぎっ」と思えた”世界の”イルミネーションを紹介します。

イルミネーション

イルミネーションは16世紀はじめ、ドイツの宗教改革者マルチン・ルターが星空を再現するために、もみの木にロウソクを飾ったのが発祥だとか。さらにイタリアでは元々「建物そのものを光で装飾していた」そうです(参考:イルミネーションの起源 - トクする日本語 - NHK アナウンスルーム)。このことから、イルミネーションの本場はドイツなどの海外、と考えることもできます。

日本のイルミネーションも美しいですが、普段見ることのない海外のイルミネーションを厳選してみたので、見てみて下さい。

45万個イルミネーション

45万個イルミネーション1
(出典:House decorated with over 450,000 Christmas lights – Crossmap Christian News | U.S.

なんと45万個もの電球?を使ったイルミネーション。写真ではお爺さんがドヤ顔で写っていますが、この人が1人で作ったんでしょうか?もしそうだとしたら、超スゲーです。

トップ画は正面から見たモノ。「FROHES FEST」とドイツ語で書かれています。意味は「素敵なパーティーをお開きください」だとか(参考:2010年12月13日の記事 | どきどきドイツ暮らし)。

斜めから見たモノ。奥行きとデカさが伝わってきます。
45万個イルミネーション、斜めアングル
(出典:House decorated with over 450,000 Christmas lights – Crossmap Christian News | U.S.

少し近づいた、斜めアングル。やはりデカイ。
45万個イルミネーション、近づいた斜めアングル
(出典:House decorated with over 450,000 Christmas lights – Crossmap Christian News | U.S.

逆アングルからの斜め。「デカイよコレっ」(by世界行ってみたらホントはこんなとこだった)45万個イルミネーション、逆アングル斜め
(出典:House decorated with over 450,000 Christmas lights – Crossmap Christian News | U.S.

最後はお爺さん。「ワシが作ったんじゃ。どや!!」と思っているんでしょうか?^^誇らしげなお顔です。
45万個いルイネーション、お爺さんドヤ顔
(出典:House decorated with over 450,000 Christmas lights – Crossmap Christian News | U.S.

音楽に合わせて精巧に動くイルミネーション

音楽に合わせて動くイルミネーション
(出典:Creative Lighting Displays

一見「??、普通でしかもそれほど凄くないイルミネーションじゃん」と思ってしまいます。でもこのイルミネーションは「音楽に合わせて動く」のです。しかもその精度が凄すぎます!「本気過ぎるっ」なイルミネーションです。

ザ・シチズンズ・オブ・ハロウィーン の「ハロウィーン・タウンへようこそ」

喋り始めた時に口が動いたのには鳥肌が立ちました。まるでハリーポッターのような映画を見てるような臨場感があります。たまに通る車がまた良い。

マイケル・ジャクソンの「Thriller」

ステージ用のような強いライト。リズミカルなライティング。そしてマイケル・ジャクソンの歌声に合わせて動く口。よくここまで作ったもんです。相当な手間と費用がかかっていますよこれ。「デカイよこれっ」あっ、違うか。

The Black Eyed Peas の「Pump It」

導入部分のリズミカルなライティングにテンション上がります。ボーカルとバックコーラスの口の動きが分かれていて、まるでライブを見ているようです。ずっとリズムに合わせてライテイングを切り替えています。きっとプログラムを組んで精密にライティングしているんでしょうね。

LMFAO の「Party Rock Anthem (feat. Lauren Bennet & GoonRock)」

何この昭和を彷彿とさせるテクノサウンド。両側のステージ用ライトのような強い光が、自分の中の何かを目覚めさせます(笑)。筆者は音楽自体は初めて聞いたよな気がするのですが、途中の音楽は韓国歌手PSY(サイ)の「GANGNAM STYLE」に似ていますね。(参考:PSY – GANGNAM STYLE M/V – YouTube

Ozzy Osbourne の「Diary of a Madman」

イントロ部分のジワジワとテンションが上がる感じが良いですね。今回はスモークもたいているように見えます。ドラムとピンクのライトを合わせ、バックコーラスと口を合わせる。重厚でリズミカルなギターサウンドが心地良いです。そして途中で横切る車がシーンチェンジのような効果を醸しだして、いい雰囲気出てます。

シンプルかつ美しい。暖かいイルミネーション色々

暖かいイルミネーション1
(出典:#85 Driving around town to see all the Christmas lights | 1000 Awesome Things

日本のイルミネーションはカラフルなモノが多いように思います。これも美しいのですが、海外にはシンプルで美しいものがたくさん見つかりました。電飾の色が暖かくシンプル、そして洗練されていてい美しいです。それらをまとめて紹介します。

「これってケーキ?」なイルミネーション
(出典:House Christmas lights ideas – News and world

ケーキと見間違うほど柔らかくて美しく、暖かみのあるイルミネーション。暖色系のライトが本当に美しいです。

「プロの仕業か?」なイルミネーション
(出典:Christmas Images Including the Kingdom of Kilowatts | FRANtastic Food

夜に美しく栄えるイルミネーション。とても素人の仕事とは思えません。調べた所によると、海外ではこのようなイルミネーションを装飾するプロの人たちがいるようです。そのような人たちに頼んだのかもしれませんね。

プロが作ったイルミネーション
(出典:Reno Christmas Lights Pros 775-852-1513

これがその「イルミネーションのプロ」の作品。大きい画像を探したんですが、見つかりませんでした。大きくそして暖かい。デザインも曲線を取り入れているので優しさが際立っています。

緑とのコントラストが美しいさやわかなイルミネーション
(出典:Decorating: Wonderful Christmas House Decorating With Lights As Fetching Decor Style, Decorate House Christmas Design, lighting christmas design ~ 2 Quick

緑とのコントラストが美しい。他の多くのイルミネーションは暖かみがありましたが、これは「爽やかさ」がありますね。椰子(やし)の木のようなモノとイルミネーションが同居しているのが、なんとも言えない魅力です。

夜の湖畔に栄えるイルミネーション
(出典:barbarashdwallpapers.com

湖畔の島なのでしょうか?イルミネーションの光が湖面に反射してとても美しいです。暗闇とのコントラストでイルミネーションの光により暖かみを感じます。中にはきっと暖炉があって、とっても暖かい。暖炉の前で熱々のシチューを食べながら、赤ワインを飲む。そんな妄想をしてしまいます。

街まるごとイルミネーション

スロベニア、街全体がイルミネーション
(出典:Slovenia at christmas – Christmas lights over mountain alps HD Wallpaper

最後は街全体がイルミネーションで包まれている画像です。スロベニアの街のようです。本当に美しいですね。今までのイルミネーションは白熱灯のような白よりの暖かさでしたが、スロベニアの街はオレンジ色が際立っています。まるで焚き火のような暖かさを感じます。

あなたの住まいも、イルミネーションで飾ってみませんか?


twitter
壊滅的な被害を受けています

コメントを残す

このページの先頭へ