秋は抜けががひどくなる!?原因を知って予防しよう!

抜け毛
(出典:抜け毛の本数、気になります。抜け毛チェック!

寒くなってきましたね。東北地方の方言では「寒い」を「しばれる」と言います。1つ勉強しましたね。いい調子です。という先生と生徒プレイはいいとして。

秋は肌の乾燥やおしっこが近くなったり、風邪やインフルエンザにかかったり(前回記事「今年もインフルエンザが流行!知っておきたい症状と予防法」を参照。)と、私達にとって色々と「困る変化」が起こる季節でもあります。

秋の抜け毛

そして秋に起こるもう1つの変化が「抜け毛」。「秋は抜け毛が増える」とは、色々な所で言われています。その真偽や原因。予防法などを調査してみました。その調査報告書が今回の記事になります。

そもそも秋って本当に毛が抜ける季節なの?

秋に毛が抜けるのは本当?

「秋は毛が多く抜ける」とは言われていますが、本当にそうなのでしょうか?調べてみました。

・・・(ガサ、ゴソ、ウィーン!! 注:調べる音)

ふぅ、手強い相手だった。で、調べてみた結果、どうやらホントのようですよ。桑名隆一郎医学博士が指導監修している「女性のための育毛講座」というサイトで「抜け毛」と「毛髪量」の年間変化をグラフにしたモノがありました。それを紹介します。なだらかなカーブを描く「緑の線」に注目してください。

抜け毛と毛髪量の比較グラフ
(出典:「抜け毛の秋」は怖くない

これによると9月~11月にかけてが最も抜け毛が多いようです。9月から10月にかけて緑の線がガツンと上がっています。つまりこの時期に一番髪が抜けるようです。「秋は抜け毛が増える」というのは本当でしたねっ。

「秋の抜け毛」の原因は何だ?

なんで秋は毛が抜けるの?

「抜け毛の原因」も調べてみましたが諸説あって、完全には解明されていないようです。育毛の専門家や美容師さんも「○○とされています」という形で説明しています。それもそうですよね、抜け毛の原因が完全に解明されたら、育毛や発毛の方法もおそらくすぐわかるはずですし。

1つだけ「これは確かだろうな」と思えたのは、犬の換毛期(かんもうき)と同じメカニズムが働いているのでは?というモノです。換毛期とは毛の生え変わる時期のことで、主に春と秋にこの換毛期があります。暖かい季節はオーバーコートといって、比較的「薄手の毛」をまとっています。それが冬になると、寒くなるので私達がコートを着るように「厚手の毛(アンダーコート)」に衣替えする時期があります。それが換毛期です(参考:春と秋に起きる、犬の換毛期の不思議 – わんこの先生)。

換毛期のように人間も毛が抜ける?

私達人間の毛が秋に最も抜けるのは、原理としてはこの「換毛期」と同じなのではないかと言われています。この理論で行くと、秋にごっそり抜けた毛は犬が衣替えするように、どっさりと生えて来て欲しいものですが、さきほどのグラフを見る限り「すぐには生えてこない」ように見えます。

冬は強い日差しを吸収する必要が無いから、毛が抜ける?

ただ先ほどのグラフの「ピンクの毛量」に注目すると、2月から8月にかけて、毛量がかなり多くなっています。あっ、これ筆者、今思いついてしまったんですが、暖かい季節に毛量が増えるのは、夏の強い日差し(そして日照時間が長い)から頭部を守るためなのではないでしょうか。そして日照時間の短い冬の季節はその必要がないから、毛が抜ける。のかもしれません。

1日の日照時間変化、年間。
(出典:各地の日中時間と日照時間の月間推移を比較してみました|太陽光発電&ECO~かーずのLovin’ Life~

上記が1日の日照時間が年間でどれくらい変化するのかを示したグラフです。このグラフと先ほどの「毛量のグラフ」を比べてみると、補い合うように反転しているように見えます。つまり日照時間の長い時期は毛量が増え、日照時間が短い時期は毛量が減る可能性を示しています。秋に抜け毛が増えるのはこのせいかもしれない、と筆者は思ったのでありました。

。。。

このように秋の抜け毛の原因は諸説あります。筆者の感覚で確かそうだな、と思うのは犬の換毛期と同じような仕組みが人間に残っている、というモノです。さらにでしゃばりますと、秋に毛が抜けるのは、冬は日照時間が減るため、日光による脳温度の上昇(脳は暑くなりすぎると機能が低下したり、暴走したりする。参考:体温調節 – ようこそ 越田治良院へ)をそれほど気にしなくても良くなるため毛が抜ける・・のかもしれません。

「秋の抜け毛」セルフチェック

抜け毛チェック!

発毛クリニックHAIR MEDICALの「秋の抜け毛対策:今日から抜け毛予防を始めましょう」のページに「秋の抜け毛」セルフチェックがありましたので、紹介します。

  1. 抜けた毛根が弱々しく先が尖っている
  2. ごっそりと不自然な抜け方をしている
  3. 細い毛、短い毛が抜ける
  4. 過度なダイエットの後に抜け毛が増えた

もし秋の抜け毛にお悩みでしたら、チェックしてみてください。

脱毛症の毛と自然な抜け毛の毛根比較

脱毛症の毛根VS自然な抜け毛の毛根

秋の抜け毛が換毛期に犬の毛が抜けるように「自然に抜ける」のであれば、自分としてもそれほど心配することもありません。でも「脱毛症」で”異常に”抜けるのであれば、心配です。

「女性のための育毛講座」のサイトに「脱毛症で抜けた毛と自然な抜け毛の比較画像」がありましたので紹介します。

脱毛症の抜け毛と自然な抜け毛の毛根比較画像
(出典:「抜け毛の秋」は怖くない


このように毛根部分が「先細っている」のが、脱毛症による抜け毛のようです。
逆に毛根が丸く雫のようになっていれば、それは自然な抜け毛のようです。心配な場合はご自分の抜け毛を上記画像を参考にチェックしてみてください。

インシュリン様成長因子「IGF-I」が頭髪を成長させる?

インシュリン様成長因子を摂取すると、植物に水を与えるように紙がすくすく生える?

近年「IGF-I」というモノが主にアンチエイジングの分野で注目されているようです。この「IGF-I」。正確に書くと「Insulin-like Growth Factor-I」、日本語にすると「インシュリン様成長因子」と言います。なかなか逃げ出したくなるような名前ですが、この「IGF-I」が髪の毛を作る細胞「毛母細胞(もうぼさいぼう)」を刺激し、髪の毛の発毛を促進できるそうなのです(参考:2/2 髪の毛を生やす効果大の体内物質「IGF-I」とは? [男のヘアケア] All About

「IGF-I」は人間の筋肉、骨、皮膚、神経、内臓、唾液などに含まれます。当然頭皮にも含まれるようです。そして頭皮の「IGF-I」を増やせば高確率で発毛を促進できるようなのです。

ではどうすれば、頭皮の「IGF-I」を増やすことができるか?ですが、カプサイシンとイソフラボンを”同時に摂取”するといいそうです。

カプサイシンとイソフラボンを”同時に摂取”すると発毛を促進できようだ

カプサイシンとイソフラボンんを同時に摂ると、髪が生える?

カプサイシンは唐辛子に含まれる成分。イソフラボンは大豆に含まれる成分です。これらを「同時に摂取」することで、頭皮の「IGF-I」を増やし、髪の毛を作る毛母細胞を刺激して、発毛を促進できるそうです。

次にカプサイシンとイソフラボンが含まれる食品を参考までに載せておきます。

カプサイシン
  • 唐辛子
  • キムチ
  • ラー油
  • 豆板醤
  • タバスコ
  • コチュジャン

唐辛子や唐辛子粉末を使った「調味料」に含まれるようです。

イソフラボン
  • 納豆
  • 大豆飲料
  • 豆腐
  • 油揚げ
  • 大豆煮
  • きな粉
  • 味噌

参考ページ

ヘアケア都市伝説Q&A

それって本当なの?

医療法人社団AACクリニック銀座 院長、浜中 聡子医学博士が監修した「実は抜け毛が多いこの季節。秋同様に注意したい“脱薄毛”4つの新常識」という記事に「ヘアケアの都市伝説に対する回答」がありましたので紹介します。信じていたけど、実は間違いだった!というのがあるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

髪の洗いすぎはNG

最近は潔癖芸能人をテレビでよく見るようになって、ボディーシャンプーを何度も使って、全身をこれでもかと洗っている人がいますが、そん人は髪の毛はどうしているんでしょうか?という余談はいいとして。髪の毛は1日に1回洗えば十分だそうです。指の腹を使って優しく洗うのがコツだそうです。

トリートメントを少し残した方が髪には良いもNG

トリートメントを少し残した方が方が髪に良い、というのは嘘のようです。これは髪にも頭皮にもダメージを与えてしまうそうです。トリートメントはしっかりと洗い流してタオルドライするのが良いようです。

髪の自然乾燥は頭皮の常在菌を増やしてしまう場合がある

ドライヤーで髪を乾かすと傷んでしまう。だから、髪は自然乾燥。という方もいると思います。でも、髪を自然乾燥させると頭皮で常在菌が繁殖してしまう場合があるそうです。そのため頭皮だけでもドライヤーをあてて乾かしてあげる方が良いそうです。

わかめは良い。でもそれだけだとダメ

髪にわかめが良いのが本当のようです。でも「わかめだけだとダメ」だそうです。わかめと一緒に肉や魚、豆類などの「良質なタンパク質」を摂取することが大切だそうです。髪の原料はタンパク質なのでそれらを摂取する必要があるようです。何事も偏りすぎるとダメということですね。

シャプーせずに「ぬるめの水」で髪を洗ったら、髪が増えた!?

シャンプーやめたら髪が増えた!?

秋の抜け毛について調べていたら、面白いモノを発見しました。シャンプーせずにぬるめの水で洗う、ということをしていたら、髪の毛が増えてきたようなのです。まずはこれを見て下さい。

1年間「ノンシャンプー&ぬる水洗い」を実践した結果比較画像
(出典:薄毛対策☆シャンプーやめて髪の毛増えた?ビフォーアフター比較写真 – YouTube

左が何もしていない時の頭頂部。右が1年間「ノンシャンプー&ぬる水洗い」を実践した後の頭頂部です。(「髪の毛が増えてきた」というのは、上記の画像を見た、筆者の個人的な感想です。右の方が増えているように感じます。)

この方は「 シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎが原因だった! (ノンフィクション単行本): 宇津木 龍一」という本に出会って、ノンシャプー&ぬる水洗いをやってみたそうです。そしたら最初の画像のように、髪が増えた(ように見える)そうです。これが本当ならメチャクチャ興味深いです。

洗わないと臭いはどうなの?

ただ、もしやるとなれば気になるのは「臭い」だと思います。洗わなくなると臭くなるのでは?と。この方も夏場は汗をかいたりするため、どうしても洗いたくなったり、「自分、臭いかも?」という思いがあったため、1週間で断念したそうですが、あまり汗をかかない寒い時期に実践してみたそうです。

その結果、普段周りにいる人達には何も言われなかったそうですが、久しぶりに会った人には「髪の毛が昔に比べて増えた。何かやってるの?」と言われたそうです。実に面白い(byガリレオの福山雅治)。

あれ?髪の毛増えた?

さらに上記の本の目次を見てみると、次のような部分がありました。

「5つの心配事」はクリアできる

  • その1「不潔」とは無縁
  • その2 不快なニオイは消える
  • その3 ベタつきは最初のうちだけ
  • その4 かゆみはおさまる
  • その5 フケは「適量」になる

ふむふむ、どうやらこの本によると「嫌な匂い」は消えるようです。興味のある場合は試してみるといいかもしれませんね。

次に、1年間「ノンシャンプー&ぬる水洗い」を実践した方の動画を一覧で載せておきます。参考にしてみてください。

洗い方など

途中経過

「ノンシャンプー&ぬる水洗い」を1年実践した結果の比較画像など

ちなみに筆者はこの方と何の関係もありません。よく時代劇で見る、差し出された小判を懐に入れ「おぬしも悪よのぅ」という関係ではありません。純粋に発見したから載せただけです。あなたのフラットな感覚で判断してみてください。

抜け毛が気になったアナタは今日から実践してみませんか?


twitter
壊滅的な被害を受けています

コメントを残す

このページの先頭へ